福利厚生でマッサージなら「らっく」におまかせ下さい。大阪を拠点に、全国の会社、企業のオフィスまで出張訪問し、福利厚生でマッサージをお受けいただけます。

<所在地>大阪府大阪市城東区東中浜8-7-11 3F
<営業時間>10:00〜22:00 <定休日>不定休
こちらまでお電話下さい!
電話080-2517-9867
営業時間:10:00〜22:00
   
トップページ > ワークラック > 「~すぎる」はよくない

「~すぎる」はよくない

 

こんにちは、らっくの豊川です。

 

世界三大仏教遺跡がある、ミャンマーのバガンという街に、ほんの少し日本語が話せる従業員がいる安宿がありました。

 

バガン
バガン

 

その従業員は、自称「藤井フミヤ」という変な奴だったのですが、夜彼と話していたとき、日本語だったか英語だったか忘れましたが、彼がこう言ったのを覚えています。

 

「『~すぎる』はよくない」

 

何気ない彼のこの言葉にハッとさせられました。

 

確かに、何事においてもこの「~すぎる」はよくないと思い、

 

例えば、

 

・待ち合わせ時間に「早く」到着するのはいいことですが、「早すぎる」と時間を持て余してしまいます。

 

・恋愛でも、「愛する」のはとてもいいことですが、「愛しすぎる」と色々行き違いが起こってきます。

(なかなか深いですね)

 

・強いマッサージがお好きな方でも「強すぎる」マッサージは痛く不快に感じますし、弱いマッサージがお好きな方でも「弱すぎる」マッサージは、物足りなく感じると思います。

 

 

「~すぎる」は、英語では「too ~」「too much」に当たります。

 

オーストラリアで英語を習ったときに、先生からこの「too」ネガティブな表現になると教わりました。

 

 

例えば、「彼はとても親切です」、と言いたいとき、

He is so kind.

となり、

He is too kind.

これだと日本語に訳すと「彼は親切すぎる。(故に、騙されやすい)」と、良い表現にはなりません。

 

 

日本語では「美味しすぎる」「可愛いすぎる」といったように、良い意味の最高表現として「~すぎる」を使う場合があるので、英語と表現方法が多少異なりますが、そういった良い意味で使う場合を除いて、基本的に「~すぎる(too)」はネガティブなことだと思い、最近では何事も「~しすぎない」ように心がけています。

 

ビールを飲み「すぎない」、気を遣い「すぎない」、意見・思考を偏らせ「すぎない」などなど、メーターに例えていうなら、メーターを振り切らず、中間あたりの程々がちょうど良いと思っています。

 

====================================

 

我々「らっく」は、【ワークラック】という、福利厚生を利用した企業、会社、法人専用の出張オフィスマッサージサービスをご提供しております。

 

ただいまなら、5時間の施術を無料でお試しいただけますので、詳しくは下記ホームページをご覧下さい。

 

「らっく」

〒536-0023

大阪府大阪市城東区東中浜8-7-11 3F

tel : 080-2517-9867

HP : http://www.work-luck.com/

 

====================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です