福利厚生でマッサージなら「らっく」におまかせ下さい。大阪を拠点に、全国の会社、企業のオフィスまで出張訪問し、福利厚生でマッサージをお受けいただけます。

<所在地>大阪府大阪市城東区東中浜8-7-11 3F
<営業時間>10:00〜22:00 <定休日>不定休
こちらまでお電話下さい!
電話080-2517-9867
営業時間:10:00〜22:00
   
トップページ > ワークラック > ついに若者の感覚がわからなくなった

ついに若者の感覚がわからなくなった

 

 

こんにちは、らっくの豊川です。

 

高校生や大学生のころ、自分が着る服や持ち物などで、親から「それの何がええねん」というようなことを頻繁ではないですが言われた記憶があります。

 

そんなとき、「若者の感覚なんてわからんやろうなぁ」「あんな風にはなりたくないなぁ」なんて思ったりしていました。

 

 

先日、あるテレビ番組をみていると、今、若者の間のファッションで、「ちょいダサ」が流行っているという特集がされていました。

 

「ちょいダサ」とは、例えば、Tシャツやシャツなどの裾を敢えてズボンの中に“イン”して、わざとちょっとダサい感じにしたり、ブランドものでもない、いわゆるオッサンが着るような訳がわからないメーカーのダサい服を(オシャレ風に)着たり、昔私が中学生くらいに流行ったチープなベルトやウエストポーチなどを敢えて身に着けることで、それが今流行っているといいます。

 

正直、ちょっとショックを受けました。

 

何がショックって、全然その感覚がわかりません。なんや、ちょいダサって。「ちょいダサ」がかっこいい?私にはただただダサいとしか思えませんでした。

 

私も今年で38歳になりましたが、ついにこの日がきました。

 

とうとう若者の感覚がわからない“おっさん”の仲間入りをはたしたことを実感させられました。

 

 

もう一度よく考えてみましたが、やっぱり「ちょいダサ」って、かっこよくないですよね?(共感求む!自分だけ向こうに行くのは嫌!)

 

まだまだ若いと思っていましたが、若者の感覚がわからないおっさん側に足を踏み入れ、これからずっとそれが続くと思うと、少し悲しい気分です。笑

 

 

==================================

 

我々「らっく」は、【ワークラック】という、福利厚生を利用した企業、会社、法人専用の出張オフィスマッサージサービスをご提供しております。

 

 

らっく

〒536-0023

大阪府大阪市城東区東中浜8-7-11 3F

tel : 080-2517-9867

HP : http://www.work-luck.com/

 

==================================

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です