福利厚生でマッサージなら「らっく」におまかせ下さい。大阪を拠点に、全国の会社、企業のオフィスまで出張訪問し、福利厚生でマッサージをお受けいただけます。

<所在地>大阪府大阪市城東区東中浜8-7-11 3F
<営業時間>10:00〜22:00 <定休日>不定休
こちらまでお電話下さい!
電話080-2517-9867
営業時間:10:00〜22:00
   
トップページ > ワークラック > デスクワークで肩甲骨内側がしんどくなる理由

デスクワークで肩甲骨内側がしんどくなる理由

 

こんにちは、らっくの豊川です。

 

今回は、前回のブログの続きデスクワークの方がなぜ肩甲骨まわりが疲れるかを説明したいと思います。

 

前回は肩甲骨の構造についてお話ししました。

 

 

肩甲骨は、背骨や肋骨とは骨と骨ではくっついておらず、いわば宙に浮いている状態で、筋肉によって支えられていることによって、その位置をキープしているということでした。

 

 

 

では、なぜデスクワークをしていると、肩甲骨まわりが疲れるのかといいますと、まずは下の画像をご覧ください。

 

 

順を追って説明しますと、まず、

 

① パソコン作業をするときは両腕を前に出します。

 

② 腕を前に出すことによって、肩甲骨が外側に引っ張られます。

 

③ 長時間その状態でいることによって、肩甲骨の外側の筋肉(黄色)が収縮し、硬くなります。

 

④ 肩甲骨が外側に引っ張られることによって、肩甲骨の内側の筋肉(赤色)が引っ張り返そうとして頑張ります。

 

 

結果として、背骨と肩甲骨の間(赤色)がいつも重だるく、しんどく感じる、というわけです。

 

 

赤色部分がしんどいのでマッサージをすると気持ちがいいのですが、原因である黄色部分の硬さをほぐしてあげないと、赤色部分のしんどさはずっと残ったままとなるのです。

 

 

 

これは、デスクワークの方以外にも、似たような体勢を長時間とる、長距離ドライバーの方にもあてはまることであります。

 

 

==================================

我々「らっく」は、【ワークラック】という、福利厚生を利用した企業、会社、法人専用の出張オフィスマッサージサービスをご提供しております。

 

ブログをご覧の方に限り、出張ストレッチレッスンを以下の料金でさせていただきます。
通常15,000円 ⇒ 9,800円(35%OFF)
(「ブログを見た」とお伝え下さい)

 

「らっく」

〒536-0023

大阪府大阪市城東区東中浜8-7-11 3F

 

tel : 080-2517-9867

HP : http://www.work-luck.com/

==================================

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です