福利厚生でマッサージなら「らっく」におまかせ下さい。大阪を拠点に、全国の会社、企業のオフィスまで出張訪問し、福利厚生でマッサージをお受けいただけます。

<所在地>大阪府大阪市城東区東中浜8-7-11 3F
<営業時間>10:00〜22:00 <定休日>不定休
こちらまでお電話下さい!
電話080-2517-9867
営業時間:10:00〜22:00
   
トップページ > 身体について > 夜寝るときに起きる「ピクッ」

夜寝るときに起きる「ピクッ」

 

 

こんにちは、らっくの豊川です。

 

夜寝るとき、眠りにおちる前後に、体が痙攣するようなピクッとなることを経験されたことがあると思います。

 

少しさかのぼって、学生時代に授業中居眠りしそうになったときに、体がピクッとなって隣の席の子がびっくりしてちょっと恥ずかしい思いをした、なんてこともあったと思います。

 

 

私の場合、最近でも寝ようとしているときにたまに起こります。

 

最近は、まだウトウトする前段階で頭がまだ冴えているなと自分では思っているところで起こることが多いです。

 

で、ピクッとなるとウトウトしていないにもかかわらず、すぐに眠りにおちるということが自分でもわかってきたので、ピクッとなると、「よっしゃ、もうすぐ寝れる」と思うようになっています。

 

 

この「ピクッ」に関する記事を最近読みました。

 

まず、「ピクッ」にも名前があって、「入眠時ぴくつき」と言われているようです。(そのまんま!)

 

一応、ほかにも「睡眠時ひきつけ」とか、「睡眠時ぴくつき」「入眠前ミオクローヌス」、「ジャーキング」とも呼ばれているようです。

 

 

原因としてははっきりとはしていないものの、眠り始めると、脳の働きが不安定になり、このときに間違って脳から指令が出て、急に脚や腕の筋肉が動くのが原因とのことです。

 

ほかの原因として、過度のストレスや疲れがひどいことも挙げられています。

 

個人的には、このストレスや疲れが原因ということが納得がいく感じがします。

 

ですので、あくまでも私の見解ですが、寝るときに「ピクッ」となるときは、少し体が疲れているサインだと思って、十分に休息をとるようにしていただくとよいと思います。

 

 

==================================

 

我々「らっく」は、【ワークラック】という、福利厚生を利用した企業、会社、法人専用の出張オフィスマッサージサービスをご提供しております。

 

 

「らっく」

〒536-0023

大阪府大阪市城東区東中浜8-7-11 3F

tel : 080-2517-9867

HP : http://www.work-luck.com/

 

==================================

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です