福利厚生でマッサージなら「らっく」におまかせ下さい。大阪を拠点に、全国の会社、企業のオフィスまで出張訪問し、福利厚生でマッサージをお受けいただけます。

<所在地>大阪府大阪市城東区東中浜8-7-11 3F
<営業時間>10:00〜22:00 <定休日>不定休
こちらまでお電話下さい!
電話080-2517-9867
営業時間:10:00〜22:00
   
トップページ > 身体について > 肩こり解消法セルフケア

肩こり解消法セルフケア

 

 

こんにちは、らっくの豊川です。

 

 

前回、デスクワーク肩こりの原因の一つである前鋸筋という筋肉をご紹介しました。

 

 

 

 

デスクワークで両腕を前にすることで、外側に引っ張られた肩甲骨を、この筋肉が固定しているのです。

 

ですので、肩甲骨は外側に引っ張られたままの状態になり、肩甲骨と背骨の間(下図の赤い部分)がしんどく感じられるのです。

 

 

 

さて、ここまでが前回の内容ですが、今日は、この前鋸筋を自分でゆるめるセルフケアのやり方をご紹介します。

 

 

これは、人間の体を横からみたものです。

 

骨だけにしてみると、肋骨と肩甲骨の間は実は隙間があり、肩甲骨自体は浮いている状態になります。

 

もちろん、肩甲骨のまわりには筋肉がついているので、実際の体にはこのような隙間はありませんが、イメージとしてはこの隙間に手の指を入れ込んでいきます。

 

 

右の前鋸筋をゆるめる際は、右の脇の下あたりに左手をもっていき、肋骨沿いに手を後ろにたどっていくと、ぶつかってそれ以上進めなくところがあります。

 

そこが、上図の肋骨と肩甲骨の外側の間になります。

 

その隙間に手の人指し指、中指、薬指らへんをグイッと奥に入れ込み、圧痛が感じられると前鋸筋が硬くなっている証拠です。

 

少し上下に移動させながら、隙間に指を入れ、グイグイ押してやります。

 

あまりやり過ぎると、翌日に痛くなる可能性があるので、1~2分程度で十分です。

 

これを右左1日に1~2回程度、毎日続けていると、肩甲骨のまわりや首のあたりも、少し楽になると思いますので、ぜひ試してみて下さい。

 

 

==================================

 

我々「らっく」は、【ワークラック】という、福利厚生を利用した企業、会社、法人専用の出張オフィスマッサージサービスをご提供しております。

 

 

らっく

〒536-0023

大阪府大阪市城東区東中浜8-7-11 3F

tel : 080-2517-9867

HP : http://www.work-luck.com/

 

==================================

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です