福利厚生でマッサージなら「らっく」におまかせ下さい。大阪を拠点に、全国の会社、企業のオフィスまで出張訪問し、福利厚生でマッサージをお受けいただけます。

<所在地>大阪府大阪市城東区東中浜8-7-11 3F
<営業時間>10:00〜22:00 <定休日>不定休
こちらまでお電話下さい!
電話080-2517-9867
営業時間:10:00〜22:00
   
トップページ > ワークラック > 「考える」時間をつくらないといけない

「考える」時間をつくらないといけない



こんにちは、らっくの豊川です。


最近、ある記事を読みました。


それは、大企業の社長さんが書いた記事でしたが、内容は「考える」が主なテーマでした。


その企業内で勤務時間の使い方を調査したところ、「考える」ことに使っている時間は7%程度と結果で、その結果にショックを受けたといいます。


考えることこそが本来的役割であり、問題解決力を高める研修やセミナーがたくさんあるが、むしろ問題そのものを見つける力を高めるべきではないかと提言しています。


考える例として記事にあったのは、

① 「日本企業はジェンダーバランスが悪い」

この理由を単に「伝統的に男社会の文化」と捉えるのではなく、「欧米にはなく、日本特有の事情とは何か」をより考えると、転勤が不可欠な「終身雇用制度」という風に考えられる。


②「駅の売店のガムが売れない」

この原因を味などの嗜好の変化と捉えるのではなく、スマートフォンが原因かもしれない。これまで「ちょっとガムでも買う」ことをしていたけど、今は皆スマホに夢中でガムを買わなくなったのではないか。


③「ビール離れの原因」

よく考えられるのが「今の若者がビールを飲まなくなった」というものですが、実はアルコールそのものの消費量は、年によってはむしろ増えているらしいです。
ということは、つまり「ビール以外のアルコール飲料を飲むようになった」ということが考えられます。


これらのようにより掘り下げて異なる視点で考えてみると、物事の本質がみえてくる気がします。


これは別の記事になりますが、ドーナツが売れない原因がスマホにあり、理由は「手が汚れるから」というものがありましたが、「なるほど」と思ってしまいました。


物事の本質を考えることができないと、本質とズレたままの戦略をズルズルと続けてしまうことになります。


勤務中、業務に追われ、なかなか考える時間がとれないかと思いますが、意識的に考える時間をつくってみるのもよいかもしれませんね。




==================================

我々「らっく」は、【ワークラック】という、福利厚生を利用した企業、会社、法人専用の出張オフィスマッサージサービスをご提供しております。

らっく

〒536-0023

大阪府大阪市城東区東中浜8-7-11 3F

tel : 080-2517-9867

HP : http://www.work-luck.com/

==================================



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です