福利厚生でマッサージなら「らっく」におまかせ下さい。大阪を拠点に、全国の会社、企業のオフィスまで出張訪問し、福利厚生でリラクゼーションマッサージをお届けします。

<所在地>大阪府大阪市城東区東中浜8-7-11 3F
<営業時間>10:00〜22:00 <定休日>不定休
こちらまでお電話下さい!
電話080-2517-9867
営業時間:10:00〜22:00
   
トップページ > 身体について > 腸内環境を整えよう

腸内環境を整えよう



こんにちは、らっくの豊川です。


最近、「腸活」という言葉が一般化されるくらい、腸をケアしていこうということが流行りつつあります。


ですので、今日は腸についてお話していきたいと思います。


まず、ヒトの腸には、約1000種類、100~1000兆個もの腸内細菌が生息しているといわれています。


「細菌」と聞くと、「病気の原因」というイメージがありますが、そんな細菌が1000兆個も体の中にいるとは不思議な感覚ですね。

そんな腸内細菌ですが、大きく3種類に分類されます。


①善玉菌

消化吸収の補助や免疫刺激など、健康維持や老化防止など、体に良い働きをする菌。
(代表的な菌)ビフィズス菌、乳酸菌


②悪玉菌

増えると便秘や下痢を引き起こす、体に悪い働きをする菌。
(代表的な菌)ウェルシュ菌、ブドウ球菌


③日和見菌

健康なときはおとなしくしているが、からだが弱ったりすると腸内で悪い働きをし、善玉、悪玉の優勢な方へ働く菌。
(代表的な菌)バクテロイデス、大腸菌(無毒株)、連鎖球菌


腸内環境はこれらの3つの種類の腸内細菌のバランスで決まり、善玉菌が優勢に働いている状態を「よい腸内環境」「腸内環境が整っている状態」とします。


逆に、悪玉菌が優勢に働き、腸内環境が悪くなってくると、お腹の不調が出てきやすくなり、大腸で便が滞るようになると便秘になります。


善玉菌と悪玉菌のどちらが優勢か次第で、腸内の健康バランスは日々変わっていきます。


また腸の働きとして、大きなものが私たちの身体を病原菌やウイルスから守る、免疫機能です。


腸には免疫システムが備わっており、私たちが健康な毎日を送れるよう、病原体の発見や情報伝達、病原体そのものへの攻撃などの役割をはたしています。


腸内の免疫機能は腸内環境が悪くなると機能が弱まってしまい、病原菌が体内で増殖を始めます。つまり、腸内環境の悪化は、病気にかかりやすい体になってしまうことにつながります。


腸内環境を整える上で重要なポイントは、やはり腸内での善玉菌の割合を多く保つことです。


①善玉菌を多く含む食物をとる

乳酸菌、ビフィズス菌を含む食品をとる
(例)ヨーグルト、チーズ、納豆、キムチ、ぬか漬け


②善玉菌のエサとなる食物繊維、オリゴ糖をとる

食物繊維やオリゴ糖は、善玉菌のエサとなって、善玉菌の増殖を促します。
(例)〔食物繊維〕穀物・イモ類・海藻類・きのこ類など、〔オリゴ糖〕大豆・バナナ・ゴボウなど。


このほか、腸内環境を整える方法には、適度な運動や十分な睡眠時間、朝食を抜かさないことなどが挙げられています。


お腹の調子を整える以外に、免疫機能により体全体の不調を防ぐためにも、腸内環境を整えることは大事だと思っています。


==================================

我々「らっく」は、【ワークラック】という、福利厚生を利用した企業、会社、法人専用の出張オフィスマッサージサービスをご提供しております。

らっく

〒536-0023

大阪府大阪市城東区東中浜8-7-11 3F

tel : 080-2517-9867

HP : https://www.work-luck.com/

==================================

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です